寄付をする

アジアの子どもたちのオンライン文化祭

Yuna<br>リトル・クリエイターズ・フェスティバル<br>メインビジュアル

Yuna
リトル・クリエイターズ・フェスティバル
メインビジュアル


        

Yuna


リトル・クリエイターズ・フェスティバル
メインビジュアル

「私にとってアートは、自己表現と生きているということ、そのもの。」
中学校1年生の時に、リトル・クリエイターズのプログラムでシンガポールに短期滞在した。シンガポールのリトル・アーツ・アカデミーで開催された透明傘に絵を描くコンペで優勝。その頃から美術に興味を持ち、成人した今も自分なりに制作を続けている。ここに掲載されているのは、最近2年間に描いた作品。
当該フェスティバルのビジュアル・イメージは、「COVID-19のパンデミックが起こって、それが始まる以前の"平和"とは違ったヘイワが世界中で求められ始めた気がする。何百年、何千年と生きる木の幹の力強さ、葉と風がぶつかり合ってサワサワと揺れる融合した華麗さ。人同士の繋がりが減っている世の中で、WAを再認識しようという思いで」描いた。

関連情報